• 出庫、帰庫時の対面点呼実施
  • 年間乗務員一人当たり2件以上のヒヤリハット情報を提出させ防止運動に活用する
  • デジタコ・ドライブレコーダーなど活用して分析を計る
    (同時に省エネ運動の励行を促す)