• 中期的目標(平成29年度)において事故目標ゼロを目指す
  • 平成28年度末における事故件数を昨年の半数にする